苦労あってこそ

c0164274_14103967.jpg

2015.07.26
@Fira, Santorini, Greece
拡大写真Flickr
ブログのランキング





 わたしがふだん仕事で接するオジサンたちは毎週のように海外出張している。タイやインドネシアといった近場のマイルド出張にとどまらない。それこそ数ヶ月に1回はメキシコとかブラジルに足を運んでいるらしい。一度、訊ねてみたことがある。「60歳もとっくに過ぎてて、体力もつんですか?」

 答えは「なかなか、きついよ」。だがよくよく聞くと席を完全フラットにして寝ているとのこと。そうか、ファーストクラスに乗ってるのか。そりゃそうだよな。質問の前提が間違っていた。それにしても、オジサンたちとばかり話していると感覚が狂ってしまうが、自分はあくまでザ・庶民なのである。

 エコノミークラスでは「隣がどんなヒトか」が重要だ。成田→イスタンブルの11時間半は辛かった。隣の白人おじさんは大層な肥満で、ワキ腹がヒジ置きを悠に超えてはみ出てくる。離陸前からずっと「プリングルス」と「ポッキー」と「CCレモン」を飲み食いしていて、それでいて機内食は食べない。
c0164274_144778.jpg
↑ギリシャは公務員天国(アテネのエレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港)↑

 そのおじさんが通路側。こんな長いフライトで、トイレに1度も立たなかったのは初めてだ。これが災難の第1弾。第2弾はアテネ→サントリーニの飛行機が遅れたこと。いったん飛行機の停まっている場所まで移動するバスに乗り込んだのに「technical problemです」と搭乗口へ戻される。

 1時間後に搭乗案内があって、飛行機に乗り込むも、なかなか離陸しない。30分経って「another technical problemが…」。またバスに乗り込んで搭乗口に戻る。そして違う機体のもとへ(最初に乗った機体の隣に停まってた)。結局2時間ほど遅れた。まあ慣れっこなんだけどさ。
c0164274_14464512.jpg
↑何度も乗り降りさせられた↑

 こうしてたどりついたサントリーニだからこそ、感慨もひとしおというものだ。青と白の断崖絶壁リゾート。世界に絶景と呼ばれる風景は数多くあれど、やはり苦労してたどりつくから絶景というものだろう。トレドもそうだったなあ。行ったことはないけれどマチュピチュ遺跡もそんな感じなのかな。


by photo-by-kohei | 2015-08-09 14:42 | Greece | Comments(0)


デジタル一眼初心者が、四苦八苦しながら写真を撮ります


by photo-by-kohei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30