中世に学んで!

c0164274_2143643.jpg

2013.02.09
@Jantal Mantar, Jaipur
写真はクリックで拡大します
インドのブログ




 ジャイプールのジャンタル・マンタルは中世の天文台。この地域を治めたマハラジャのジャン・スィン2世が18世紀、つくったものだそうだ。ジャン・スィン2世はデリーやバラナシにも同様の施設を建設しており、そのなかで最も大きいのがジャイプールの施設。2010年には世界遺産にも登録されている。
c0164274_21422397.jpg
 なかでも目をひくのは日時計で、高さ27メートルもあるという。なんと2秒単位で時刻を把握できるというが……。それならなぜ! インドでは交通機関がこんなに遅れ、ホテル従業員やタクシー運転手の「2分だけ時間ちょうだい」がこんなにも信用ならんのか! 現代インドは中世インドに学ぶべきだ。

by photo-by-kohei | 2013-02-26 21:45 | India | Comments(2)
Commented by tktuyuki at 2013-02-26 23:17
2秒単位ではかれる日時計なんてあるんですね・・・
昔の人はすごすぎる・・・
Commented by photo-by-kohei at 2013-02-28 03:54
>KATさん
当時は27メートルもないと2秒単位で計れなかったものが、
最近では数ミリでその何倍も精密な時計ができました。
現代のひとも負けてませんよ〜


デジタル一眼初心者が、四苦八苦しながら写真を撮ります


by photo-by-kohei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30