この「身悶え感」

c0164274_10374181.jpg

2012.05.07
@東京都墨田区錦糸
写真はクリックで拡大します
ブログのランキング




イケメンがちやほやされる世の中にうんざりする日々ですが、
ダニエル・ハーディングという指揮者はさすがにカッコよす
ぎるのです。ずるい。男の私でも惚れ惚れします

そのハーディングと新日本フィルというオーケストラが演奏
するマーラーの交響曲第1番を月曜、聴いてきました。最初から
最後までずっとドキドキする曲。もうとにかく「ああ…!」と
快感に身悶えるポイントの多い作品です

オーケストラ音楽の良さ、なかなか理解されにくいことも多いと
思いますが、とにもかくにもこの「身悶え感」に尽きると思う
のです。

たまりたまったエネルギーが爆発する瞬間や、苦しさのなか
から最後、解放されたときの、愛にあふれたメロディーなど。
ああこの素晴らしさ、どう伝えたらいいんだろ。

* * *

ところで月曜は部署に新入社員が入ってくる日で、ということは
つまり歓迎会なるものがあったのです。そんなことは知らず
1カ月以上前にチケットを取ってしまっていたダメ2年生の私。

さすがにヒンシュクだろうと思い、演奏会が終わったあと一応
2次会からちゃんと駆けつけたのでした。上司には「かわいい
後輩たちと合コンとどっちが大切なんだ!」と怒られる始末。
かといってコンサートに行ってました、ともなかなか言えず。

ハーディングのマーラーのあとに米米CLUBやらAKBやらの
カラオケを聴かされることになるとは思わなかったよ。
(写真は開演前に撮影)

by photo-by-kohei | 2012-05-11 10:51 | 東京 | Comments(2)
Commented by hidetatu32jp at 2012-05-11 15:00
koheiさん こんにちわ

音楽、特に歴史あるクラシックは惹きますよね~(^^)
流れるような音、一曲一曲が物語を表現してるような気がします。
伝統的な目に見える物も素晴らしいですが目に見えない音楽も素晴らしいですね。
私も悶えたいw
Commented by photo-by-kohei at 2012-05-13 16:55
>hidetatuさん
そうなんですよねえ。物語があるんです。特に交響曲だと
けっこう長いストーリーになったりなんてして。CDやレコード
だと目に見えないものですが、生の演奏を聴きにいくと目に
見えたりするのも素敵ポイントです。


デジタル一眼初心者が、四苦八苦しながら写真を撮ります


by photo-by-kohei

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30